君は飛火野耀(とびひの あきら)を知っているか -あとがき-

 ここ数か月の間、飛火野耀氏の作品レビューを続けてきました。

 氏の作品に触れるだけでなく、関連する海外の翻訳小説やゲーム等も、その作品理解を深めるために必須と考え手を伸ばし、傾倒。

 そして氏の世界に踏み込めば見込むほどに、氏が『小説』というジャンルそのものに対してそこはかとない愛情を注ぎこんでいたのを感じとるのでした。

 飛火野耀氏は『小説』に対して限りなく純粋であり、真摯な方であったようです。

 小説のアイデアが海のようであるならばその源を極めて深淵に求め、小説のアイデアが山のようであるならば、その原石を地中の奥深くに圧縮された結晶に求める。

 そうして汲み上げられ、あるいは採掘された高純度の素材を磨き、精錬し、細工をし、見事に作品として昇華し続けてきました。それは、どれほどの技量であったことでしょう。

 氏はそれを、まだその呼称すら無かった『ライトノベル』というジャンルのはるか黎明期に、自ら先陣を切って切り拓いていたのです。

 が、しかしその功績とはうらはらに氏の存在は現在では一部の愛好家の間でのみ時折話題になる程度であり、一般的に広く知られているとは言えません。

 これをどう解釈するべきなのでしょう。

 優れた創作やその担い手が、必ずしもその真価に値する評価を得られているとは限りません。それは古今東西あまりにも例の多いことでしょう。

 特に今や、ネット環境に接続さえすれば、いつでもどこでも誰でも自在に創作を世に放つことができる時代。その創作の生成量の膨大さの中では、一個の小説、一人の作家は、それこそ浜辺を構成する砂粒の一粒であるのかもしれません。

 であるとすれば、たとえその一粒がいかに煌めかしい黄金であったとしても、それを見定めるふるいに留まる可能性は、いったいどれほどの奇跡であることでしょうか。

 そして、そのふるいのひとかきにも巡り合わず、波にのまれてしまう物語がいったいどれほど埋もれていることでしょう。

 ふるいに残るもの、残らぬもの、ふるいにかかるもの、かからぬもの、この違いはいったいどこにあるのでしょうか。

 それはもしかすると永久に解の得られぬ命題であるのかもしれません。

 でもそうした命題に対して少しでも氏の作品をWebの片隅に伝え残してゆくことができれば、時のふるいの手繰り手に何らかの影響を及ぼさぬものかと考え、氏の全作品レビューを記してきたのです。

(ちなみに、これらのレビューはいずれもかなり大胆な切り口となっており、愛好家の皆様からすれば腑に落ちない点も多いかもしれません。しかしながら、例えば「もう一つの夏へ」のレビューなどをまともに取り扱おうとすればそれこそ稿をいくら費やしても収まらないことになってしまい、それはブログという性質上あまりにも不向きであるため、どうがご容赦下さい。)

 改めて申し上げますが、氏の作品はいずれも極上の逸品、まぎれもなく後世に語り継ぐべき名作ばかりです。

 これほどの小説を世に残した飛火野耀氏。しかしその素性は以前として明らかにされておりません

 これほど情報網が発達した世の中でありながら、一人の小説家の正体が全く分からないままというのもどこか不思議なようでもあります。

 もちろんその足跡、というかほんの切れ端のようなものはネット上の情報で俄かに知ることもできますが、それにしても飛火野耀氏がそのパーソナリティ以外にどのような名で、どのような作品を発表つづけていたのかは未だに茫洋としたままなのです。

わずかに知ることが出来る氏の足跡

 でもだからといって、氏が“飛火野耀”という名義以外に、小説家として主だった活動を行っていなかったのかといえば、決してそんなことはないでしょう。

 なにしろこれほどの技量、そして小説に対して深い愛情を注いでいる人物。おそらく氏にとって小説を書くことは息をするに等しく、小説を書かずに存在していられるということは到底考えにくいのです。

 が、しかしその素性を探ろうにも素人作業ではいくつかのネット上で引っかかる情報を頼るのが関の山であり、それ以上は関係者のつてでもなければどうしようもないといった状態。

 一時は氏の正体を知りたく、その作品を文面から推察することができればと、当時のSF小説を古本屋で片っ端から斜め読みを試みたりもしたのですが、何分その種の予備知識もないこともあり、全く見当がつかずに途中であきらめざるを得ませんでした。

 ただしかし、その断念と同時に、こうも考えたのです。

 飛火野輝氏は覆面作家です。

 その背景にどういった事情が潜んでいるのかは分かりませんが、氏は自ら覆面作家であることを望んでそうしてきたのです。

 であるとするならば、その覆面をはぎ取り、正体を知ろうとするということが、いったいどのような意味を持つことになるのだろうか、と。

 だから、我々が知りうる限りの飛火野耀という人物は、あくまでもプロフィールに書かれていることが全てであり、それ以外の誰でもないといった認識でよいのではないか、と。

 小説家・飛火野耀。

 確かな文品と技量を持った、幻の小説家。

 彼は、1978年のクリスマス・イヴにこの地上に突然出現し、1988年より「イース 失われた王国」をはじめとし、主に青少年向けの文庫レーベルにおいて数々の優れた作品を残した後、1996年「神様が降りてくる夏」の発表を最後に、忽然と姿を消し、その消息は一切明らかにされておりません。

 氏が、今どこで何をしているのかは全く謎に包まれたままとなっております。

 東京近郊の某市で一人静かに隠遁の日々を送っているのかもしれませんし、あるいは意識体となって、時空のどこかをさまよっているのかもしれません。

 だけどいつの日かきっと、氏が新作を携え、我々の前に再びその姿を現す時がくることを、心より待ち望んでいます。

『君は飛火野耀(とびひの あきら)を知っているか』 終わり。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です